2016.12.11 開業融資について

これから経営者を目指される方、開業を考えている方、融資は必要だと思いますか?

必要ない、したくない、と思われる方がいらっしゃると思いますが、融資は開業時に借りておく方が非常に有効となります。

実際に経営を始められて、資金繰りが苦しくなった時に借りようとしても、金融機関では貸してはくれません。

返済が滞りそうな会社に金融機関が貸してくれるはずもありません。

そこでどうすればいいかといいますと、やはり開業時に開業融資として借入をされることをお勧めいたします。

 

それでは実際に開業融資に必要ないくつかのポイントを紹介いたします。

 

 

自己資金

開業融資を申し込みの際にどのくらいの自己資金が必要かといいますと、借入額の3割は必要になってきます。

融資の際には面談があり、自己資金がわかる通帳を見せる必要がありますので、開業を考えていらっしゃる方は、コツコツと通帳にお金をためておく必要があります。

親族や友人からの一時的な借入は認められないので気を付けましょう。

 

 

信用情報

本人に信用に事故がないか、これまでに何をしてきたのか、どういう結果を残してきたのか、などです。

事故というのは俗にいうブラックリストのことで、今までに返済の滞りがあったり、破産をしたり、債務整理をしたりといろいろあり融資が厳しくなってしまいます。

マイナスイメージがつかないように、これまでどのような結果を残してきたかなど、自分を見つめなおして、プラス評価になる為のアピールを出来るようにしましょう。

 

 

事業

今から開業する事業について、自分で細かく説明できないようでは金融機関の方の心を動かすことは出来ません。

 

・なぜこの商売を選んだのか

・どのような商売なのか

・お客様はどのような方でどこにいるのか

・そのお客様をどのように獲得するのか

・その方法でうまくいくという根拠は何か

 

こういった質問に自分の言葉でうまく答えられるようになると金融機関の評価も上がってくるはずです。

 

 

 以上3つ紹介しましたが、いかがでしたか?

 創業融資を考えられた方は、事前準備も必要になってきますので、これからのことも考え、一歩先を見据えた行動をしていくといいと思います。

熊本の「創業融資専門家コラム」の最新記事

お気軽にお電話下さい 創業資金のお悩み無料相談受付中! 0120-932-229 受付時間:8:30~18:00土日祝も対応可 無料相談の詳細はコチラ
ページ上部へ戻る