2017.06.24開業融資の際の銀行(金融機関)との面談のポイント

今回は金融機関との面談のポイント、想定される質問をご紹介いたします。

  1. ポイント

    ①自分からマイナスなことは言わない

    ②聞かれてないことは言わない

    ③話が長くならないように結論から伝える

    ④事業計画書との整合性を意識する

    ⑤担当者に厳しい指摘を受けてもけんかしないようにする

    ⑥わからないことは素直に答えましょう(調べてから回答します、など)

    ⑦人は見た目が9割

    ⑧経営者としての自覚を見せること

 

面談で想定される質問

①創業動機、目的について

②代表者の略歴について

③市場環境について

④売上の見通しについて

⑤営業方法について

⑥事業がうまくいかなくなったときの展開について

⑦事業がうまくいった時のその後の展開について

⑧資金の使い道について

⑨自己資金の貯め方について

⑩「申請額が減額された場合はどうですか?」との質問について

 

以上がポイントと想定される質問になります。
融資の面談に行ったと想定して、この質問を投げかけられてうまく答えられましたでしょうか?

答えられなかった方はもう一度計画を練り直した方が良いかもしれません。
たかが面談と思われる方もいるかもしれませんが、質問一つで印象が変わることもあり、融資を考えている方は、対策を怠ることなく面談に臨まれてください。

 

熊本の「創業融資専門家コラム」の最新記事

お気軽にお電話下さい 創業資金のお悩み無料相談受付中! 0120-932-229 受付時間:8:30~18:00土日祝も対応可 無料相談の詳細はコチラ
ページ上部へ戻る